Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
30週目
8月17日。
前日にてんかんを診察してもらっている精神科の先生から
「母乳はだめ!薬をわずかな期間でも止めるのは、賛成できない。」と、
言われて凹み気味
でもあたしと赤ちゃんへのリスクを考えてくれた上での発言、しょうがないや・・・。

b-060817x.jpg

赤ちゃんの体重は1569g 
あたしはというと・・・お盆中のご馳走のおかげで、体重が0.7kgもUP
お腹で動いているのも、ものすごく感じるようになった。
そのせいか、朝と夜にお腹が張ることが多くなった。
準備の買い物や家事も、疲れや腰痛のおかげで短時間しかできなくなった

今回の助産師さんへの相談のテーマは「動悸」
このところ時々呼吸がくるしい。
最初はてんかんの影響かとおもったけど、どうやら子宮で圧迫されている影響みたい。

診察では赤ちゃんに薬による脊髄や背骨の異常、水頭症はみられず。
妊娠初期から処方されていたフォリアミン(いわゆる葉酸)を飲んでいたのが
よかったといわれた。
赤ちゃんも週数と同じぐらいの大きさに育っていると聞き、一安心。
ゆっくりゆっくり大きくなってね

やや貧血が進んでいるみたい、ひじきやレーズンをいっぱい食べよう
スポンサーサイト
【2006/08/17 18:08 】 | [徒然]マタニティ生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<32週目 | ホーム | 15回目の8月9日。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucielwords.blog32.fc2.com/tb.php/186-07e9fe85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。