Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
はまっていたもの。
日々つれづれ

富山にきてテレビ朝日系列が映らないと知り、
ケーブルテレビに加入しました。
で、最近はまっていたのがこれ。

昔、日曜の夜に「ハウス食品劇場」(だったよね?)でやってて
はまったのを思い出し、この1ヶ月ほどずっと夢中でみてました。

子供の頃はただ「可愛そうな話」で終わってたけど、
大人になって改めてみてみると、
裏にはお金やら嫉妬やら偏見やらいろんなものが渦巻いていて、
かなり奥深いなぁーとおもいました。
主人公もただ「いい人」じゃないんだよね。
昼ドラ好きな、お母さんたちにも標準を合わせていたのだろうか。

大人になっても、アニメってすごいと思う。
こんなに学べるもの。

スポンサーサイト
【2005/12/16 02:26 】 | [徒然]日々つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<きになる。 | ホーム | 続・ものもらい>>
コメント

子供向けのお話って、意外と侮れないんですよねぇ。
子どもの時にはよく分からなかった醜い感情とか経済的事情とか、背景にあるものが理解できるようになるから、違う楽しみ方が出来ますね。
卒論で児童文学やってるから、ちょうど同じようなこと考えてました。
子供向けのものにも社会の実情を入れてるのって、作者の狙いがあるような気がして。社会批判とかね。
私もアニメ、見たくなってきちゃいましたw
私はこのシリーズ、『トラップ一家物語』が好きでした。
サウンド・オブ・ミュージックと関連したようなお話です。
『あらいぐまラスカル』もこのシリーズだったのかな?
小さい頃やってた番組だから、記憶が曖昧でごめんなさいね(^^;
【2005/12/16 10:49】| URL | 未来 #DZGvGKBw[ 編集] |

私も子供の頃見てました。このシリーズはずっと家族で見ていたような気がします。若草物語とか覚えてるなあ。同じように最近再放送されてるのかな?日本昔ばなしも見ていましたねえ。子供のころはなんとなく感動していた話も大人になってみると、ちゃんと理由があったんだって思いますよね。ただ主人公以外のまわりに目が行くと、世界の縮図のような感じを受けますね。逆にすごく新鮮ですね。
【2005/12/16 12:24】| URL | 音色 #F9ckFCGU[ 編集] |

こんばんは^^
私はこの「ハウス食品劇場」を見て育った世代なので懐かしいです。
はりねずみロッキーチャック(たぶんこれもそうだと思いますが、ちゃいさんは知らないかなあ?)、アルプスの少女ハイジ、フランダースの犬、母を訪ねて三千里、ラスカル・・・
どれも素晴らしい作品でしたね。こういうアニメーションを、もっともっと今の子どもたちにも見せて欲しいと思いますよ。
(追伸)
お薬の量が増えていて心配ですね。良いお医者さんにめぐり会えますようにお祈りしています。
【2005/12/18 19:46】| URL | ヒシアマゾン #VEIOABK.[ 編集] |

>未来さん
未来さんの卒論は、児童文学なんですね。
あたしも卒論、児童文学か近代詩かかなり迷って・・・結局
卒業制作にしたといういきさつがあります。
風邪とかひいてないかな??
そうそう醜い感情とか経済的事情。
作者の狙いという箇所に、頷いてしまった。
発言や行為が難しい時代の中では、小説や音楽に革命の意志をたくした
なんて話もありますよね。
残念ながらこの「ハウス食品劇場」シリーズは終わったんだけど、ぜひまた見たいです!
トラップ一家物語みてましたよw
あのお話をみてると、歌う事がすごく好きになれて、笑顔の大切さもしれて
またみたいです!!!
【2005/12/26 16:28】| URL | ちゃい #-[ 編集] |

>音色さん
若草物語!みてたみてたっ!
ジョーにあこがれて。でもお姉さん達の女性らしさにも憧れて。
あたしはケーブルでまだ「ハイジ」とか「セーラ」とかしかみてないので
今後に期待したい!この年でも楽しめるものねw
日本昔ばなしも、復活しましたね。
そうそう、子供の頃は主人公にどうしても目線がいってた。
そこで、ああいうふうに生きたいと「憧れ」をもって。
だけどいろいろな経験をして、むしろ自分はいわゆる「脇役」の生き方に
近いと知る。そして親近感をもつ。
「理想」と「現実」のはざまで、自分らしさを再認識させてくれる
実におくぶかーいのが、アニメ!そんな感じがしました。
【2005/12/26 16:33】| URL | ちゃい #-[ 編集] |

>ヒシアマゾンさん
はりねずみロッキーチャックしってますよぉ~!!w
あたしも「ハウス食品劇場」で育った世代です。
ぜひ復活してほしいなぁ。ヒシアマゾンさんのいうように
「もっともっと今の子どもたちにも見せて欲しい」そんな作品がいっぱい
ありましたよね。
先日フランダースの犬と、マルコの映画版をみたけど、
いつか本当に、自分に子供ができたらぜったいみせよう・・と思うぐらい
ひさびさに涙を流して感動しました。
あたしたちに「感動」を教えてくれたのは、実はこのシリーズだったのかもしれませんね。
体調の件、心配掛けてごめんなさい。
来年は本格的に病院探しをしようと思います。
本当にありがとうございます。
【2005/12/26 16:38】| URL | ちゃい #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucielwords.blog32.fc2.com/tb.php/120-90556066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。