Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
32週目
8月30日。
9ヶ月に入り、なんだか急にお腹が大きくなったみたい。
そのせいか体重も今までにないぐらい増えていた

b-060830x.jpg

赤ちゃんの体重は1829g 今回は残念ながら顔の写真はなかったけど、
ビデオにはちゃんと残してもらえているからよかった

母乳のこと(出産時までてんかんの薬を服薬してよいか)を再確認し、OKをもらう。
先生も赤ちゃんへの影響を心配してくれていた。
でもすこぶる順調 ・・・本当によかった。

助産師さんには「つわり」っぽい症状が再びはじまったことを相談し、
帰りにてんかんの方でもお世話になっている薬局へよった。
ここでは本当に親身になってくれている薬剤師さんたちがいる。
そこでてんかんの薬について、果たして本当に出産直前で服薬をやめて、
母乳に影響がないかを調べてもらうことになった。
本当にありがとうございます!!!

そして薬剤師さんのお一人から、
地元宮城・塩釜神社の安産祈願のお札とお守りを頂いた
なんて感謝をしたらいいんだろう・・・。
富山で知り合いの少ないあたしにとって、同郷の彼女は、何よりもかけがえのない存在です。
本当に本当に、ありがとうございます
スポンサーサイト
【2006/08/30 17:41 】 | [徒然]マタニティ生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
30週目
8月17日。
前日にてんかんを診察してもらっている精神科の先生から
「母乳はだめ!薬をわずかな期間でも止めるのは、賛成できない。」と、
言われて凹み気味
でもあたしと赤ちゃんへのリスクを考えてくれた上での発言、しょうがないや・・・。

b-060817x.jpg

赤ちゃんの体重は1569g 
あたしはというと・・・お盆中のご馳走のおかげで、体重が0.7kgもUP
お腹で動いているのも、ものすごく感じるようになった。
そのせいか、朝と夜にお腹が張ることが多くなった。
準備の買い物や家事も、疲れや腰痛のおかげで短時間しかできなくなった

今回の助産師さんへの相談のテーマは「動悸」
このところ時々呼吸がくるしい。
最初はてんかんの影響かとおもったけど、どうやら子宮で圧迫されている影響みたい。

診察では赤ちゃんに薬による脊髄や背骨の異常、水頭症はみられず。
妊娠初期から処方されていたフォリアミン(いわゆる葉酸)を飲んでいたのが
よかったといわれた。
赤ちゃんも週数と同じぐらいの大きさに育っていると聞き、一安心。
ゆっくりゆっくり大きくなってね

やや貧血が進んでいるみたい、ひじきやレーズンをいっぱい食べよう
【2006/08/17 18:08 】 | [徒然]マタニティ生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
15回目の8月9日。
今日は、母親の15回目の命日。
自分の人生の半分以上が、母のいないものとなった。
そんなことを、夫の一言で気づかされた。

ああ、そんなに経ったんだなぁ・・・と。

あの日以来、あたしは泣き虫になったし。
生きている意味なんて、わからないで生きてきた気もする。

今年、お腹に赤ちゃんができて、
その子が先日女の子らしいと先生に言われた。
性別なんて(特に女の子は)生まれてくるまでわからないけれど。

どっちでもいいといいながら、心のそこで女の子でありますように
と、願ってる。


2月、赤ちゃんができたとわかった日の朝、夢をみた。
母親の夢。
あたしと弟の手を引いて、
市役所のようなところへ何かの届けを出すというもの。
その夢を見て、あたしは「できたかもしれない」と思った。
そして妊娠検査薬、結果は陽性だった。

あの日から、この子は母の生まれ変わりかもしれないと思っていた。
だけど、口には出さなかった。
そうこうして、もう8ヶ月。
夫は、赤ちゃんの名前の候補をあたしに教えてくれた。

・・・それは母の名前が入ったもの。

「この子はきっと、お母さんの生まれ変わりだと思うんだ」
そういわれた瞬間、涙が止まらなくなった。
実はこの名前、あたしは夫と別な本をみて気に入っていた名前。
夫には知らせていなかった。
だからすごい偶然だと驚いた。うそかと思った。

今年はお墓参りにはいけない。
だけど、なんだか寂しくないの。
おこがましいかもしれないけど、お腹の中におかあさんを感じる。
あたしのところに宿った命。
大切に、大切にするからね。

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/08/09 19:01 】 | [徒然]マタニティ生活 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
28週目
8月2日。
今回は助産師外来で「腰痛」の相談。
あたしの体重は2週間前と同じ。
ほっとしたし、助産師さんにも先生にも誉められたけど、赤ちゃんに栄養はいってるのかな?
心配 ・・・もっと吐かないで食べなきゃなぁ。

b-060802x.jpg

↑はじめての3D写真です↑

思い切って「奇形」が見られないか聞いてみたけど、大丈夫みたい
よかったよぅ
授乳時期(1ヶ月ぐらい)てんかんの薬の服用をやめれば、母乳もあげられるらしい。
あたしには夢のような話・・・。

今まで心配していたことが、嘘みたいに解決した気がした。
もちろん油断は絶対にできないけど・・・うれしいよ

今回は内診もあり。
子宮口の開きも今のところ見られなくて、今のところ早産の心配もなし!
・・・ただ準備でつかれたのか、尿たんぱくが出てしまった

赤ちゃんの体重は1093g 1キロ台にはいりました
【2006/08/02 00:04 】 | [徒然]マタニティ生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。