Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
明日へ
明日へ

がんばらないで 

ゆっくりゆっくり
笑えなくてもいい 
立ち止まってもいい
ふんばらなくてもいい

あきらめないで

全てのひとへ 全ての愛するひとへ
あたし自身に
自分らしく 自分らしく

時には弱音を吐きながら
思いっきり 子供のように泣きじゃくって

笑えなくても 上を向いて
「いつか きっといつか」 でいいから
希望を寄せる花だけは 忘れないでいよう

ずっとずっと 生きていく
ずっとずっと 生きていこう

明日を信じて あるいていこう

がんばらないで
あきらめないで


スポンサーサイト
【2005/08/26 20:07 】 | [コトバ]そらいろ | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
青のそら
青のそら

やっとみつけた
蒼い空 白い雲
やっとやっと 出逢えたね

頭上に広がる あなたの笑顔に
なんだかなんだか とっても安心したよ

うんうん できるんじゃん

やっぱりあなたが 必要で
あなたがいないと あたしはあたしでいなくなるんだよ

やっとみつけた
やっとやっと 出逢えたね

ずっとずっと 待っていたんだよ



【2005/08/26 19:57 】 | [コトバ]そらいろ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
Place
Place

何度忘れたいと 思ったのだろう
何度無くしたいと 思ったのだろう

あの場所が嫌いだった
あたしの原点だったから
歓びも哀しみも 粋も甘いも
全部知っている場所だから

ここに居ては 幸せにもなれないと思っていた
とにかく無我夢中で
はいずりまわっても ここから
飛び立ちたかった
新しいあたしに なりたかった

忘れたかった 原点を
ぼろぼろに繕う 醜いあたしを
飛び立つことに 必死だった

必死で必死で もがいてた


でも 忘れられなかった
キモチはおきっぱなしで
離れても 離れても
何も変わりはしなかった

一層 恋しくなった
愛しくなった

あの場所は どうあがいても
あたしの原点
あたしの原点



【2005/08/18 09:42 】 | [コトバ]ふるさと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ふりだし
またふりだしに戻る
また暗闇の夜を繰り返し

陽炎の中 手探りでようやく探し出した スタートライン
位置につくまで 悩んで
苦しんで 涙を流したのに
まただめだった
また だめだったよ

貴方は「トラウマ」と あたしを推測した
どこかドラマじみたこの言葉
それに頼りたくもあり しがみついていたくもあるけど

放たれたいとも 切に願う

あたしはどっち なんだろう

それでもまた さまよわなければならない
苦い雨を 飲み込みながら
また暗闇の世界を 歩いてく



【2005/08/17 02:04 】 | [コトバ]ナミダ | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
七色の空
七色の空

きみは七色の空をみたかい?
何か奇跡が起きるような そんな気がしたんだ

とびきりの何かさ
信じてみたっていいだろう?

背中に羽根が 生えることだって
変わらないはずの 真実だって
希望に変えてみたって いいだろう?

あたりまえのことを 嘆くよりも
現実に失望するよりも
夢をみることが どれぐらい強くて かっこいいか

キミだって気づいているはずだよ

無理に大人の階段を 昇ろうとしなくていい
子供に戻ったって いいはずだよ


【2005/08/11 21:14 】 | [コトバ]そらいろ | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
feel
feel

遠くで褐色の葉の 泣き声がする
昨日までの青々とした息吹が どこかにいってしまったようだ

キミは忘れてしまうかもしれない
忘れて 何度も疑問と葛藤に
叫ぶかもしれない

その時ボクは 風になろう

キミがたとえボクを忘れても
夢に破れて倒れたとしても

待っているよ ボクは風になって

だからここにおいで
そしてボクを感じてほしい

ボクは風であって
木であって 緑であって
土であって キミであって
空であること

我慢しなくていい
寄り添っておいで

ボクは 風になるから




【2005/08/08 01:46 】 | [コトバ]そらいろ | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
promise
promise

ワタシの最期の時は この曲を弾いてね

穏やかにボクの髪をなでた キミのてのひらは
何よりも 温かかったよ

まさかこの曲を こんな形で弾くなんて
考えもしなかった

キミはボクが 鍵盤を叩くのが苦手だってこと 知ってたくせに

空はこんなにも 蒼く澄みきっているのに

どうしてキミは いなくなってしまったの
どうしてキミは 死んでしまったの



【2005/08/01 00:25 】 | [コトバ]天国のあなたへ | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。